大学生なら知らないと恥ずかしい妊娠出産の基礎知識

大学生なら知らないと恥ずかしい妊娠出産の基礎知識

HOME

妊婦が気をつけること、アルコール



妊婦が気をつけること、アルコール

女性は自分の中のお腹の中に新し命が宿っていることが判明したなら「自分ひとりの身体ではない」ということを強く自覚する必要があります。

そのためには、いろいろと気をつけることがあります。

その一つにアルコールです。

女性でもアルコールが好きな人はとても多く、職場の同僚や友達と仕事が終わった後に、行きつけの居酒屋などにいって、一杯飲むのはとても楽しいものです。

適度なアルコールは、ストレス解消になりますし、次の日もまた一生懸命頑張ろう。

という意欲がわきあがります。

しかし、妊娠が判明したなら、アルコールを飲む習慣を断ち切るように努力しましょう。

妊娠中のアルコールは、流産や死産さらには先天異常や中枢神経障害が起きる危険が非常に高いのです。

妊娠中にお母さんが飲んだアルコールは、胎盤を通して赤ちゃんに行きます。

赤ちゃんの肝臓は、お酒に対しての抵抗や代謝がとても弱いために、赤ちゃんは酔っぱらった状態が続くという非常に怖い危険があります。

ある研究報告によりますと、妊婦期間に母親がアルコールを習慣としているなら、脳に異常や奇形を持つ赤ちゃんが生まれやすい。

という結果が出ています。

これを「胎児アルコール症候群」と言います。

アルコール症候群になった赤ちゃんは、お腹の中での発育が遅れてしまい、生まれた時に低体重や低身長で未熟児として誕生します。

また、身体の大きさのみならず中枢神経障害として、発育の遅れや精神面での遅れも生じかねません。

さらに、頭が極端に小さかったり、薄い上唇になる危険もあります。

加えて、アルコール摂取は赤ちゃんの顔つきにも影響を及ぼしますので、妊婦期間中はアルコールの摂取を避けるように努力をしましょう。

では、どれくらいなら安心なのでしょうか。

実は妊婦期間中のアルコールは、これ以下ならお腹の中の赤ちゃんに影響は出ない。

という確実に安全である。

という量は定まっていません。

それで、自分が飲みたい。

というアルコールや飲み物ではなく、赤ちゃんにとっては何が一番いいのか。

ということをよく考えましょう。

安全な飲みものとしては、ハーブティーや牛乳、さらには麦茶などカフェインの入っていない飲み物がおすすめです。

母親がしっかり気をつけておくなら、安全にそして元気な赤ちゃんを出産することができるでしょう。

是非、アルコール摂取以外にも妊婦中に気をつけることを育児書やインターネットなどでよく調べるようにしましょう。


40代 自然妊娠

葉酸サプリが良い理由



葉酸サプリが良い理由

一般に、妊娠を考え始めた女性や、妊娠している女性には、葉酸サプリの積極性な摂取がすすめられるものです。

また不妊に悩んでいる女性にもたいへん効果的であると言われています。

たとえば、妊娠している女性が十分な量の葉酸を摂取することは、母親自身だけでなく、お腹の胎児にとっても非常に大切であることは周知の事実です。

お腹で成長を続けている胎児は、たいへん活発な細胞分裂を繰り返しています。

この時期に葉酸をしっかり摂取することで、胎児の細胞分裂が正常に行われるよう助けることができるのです。

加えて、母親が貧血などを防止する上でも大いに助けになります。


このように私たちの体にたいへん重要な栄養素である葉酸にも、二つの種類があると言われています。

一つは天然のもので、普通の食品に含まれているものです。

しかしこちらのタイプのものは、体への吸収率がそれほど高くないという性質があります。

そのため、通常の時より多くの摂取を必要としている妊婦にとっては、一般の食品に加えて、別の補助的なもので補うことが必要となってきます。

そこで、積極的に摂取したいのが葉酸サプリなのです。

葉酸サプリには、モノグルタミン酸型と呼ばれる合成の葉酸が含まれています。

このモノグルタミン酸型の葉酸は、天然のものに比べて吸収率が高いというメリットがあります。

一般に、普通の食品から十分な量を摂取しようと思うと、かなりの量の野菜などを食べなければなりません。

つまり、食品からの摂取には限界があるということです。

しかし、この面でサプリメントを利用すれば、吸収率が高いため、比較的少量の摂取でも必要な量を摂取できると言われています。

こうした理由で、葉酸サプリを利用する人が増えているのです。


もちろん、葉酸サプリにも実にさまざまな種類があるものです。

中には、何種類ものビタミンを加えているもの、何種類もの野菜を配合してあるもの、またコラーゲンを配合したものや、鉄分やカルシウムを補強したもの、さらには妊婦が必要としているカリウムや亜鉛、マンガンといったミネラルを豊富に含んでいるものなど、実にさまざまなサプリメントがあります。

そのため、パッケージに表示されている成分表などをよく見て、自分に最も合ったものを選ぶことができます。

これらサプリメントを選ぶ上で特に注意したいのは、母親にも胎児にも安全なもの、つまり保存料や香料、着色料などが添加されていない全くの無添加を選ぶということです。

大江麻理子 妊娠

葉酸サプリで妊娠に備える



葉酸サプリで妊娠に備える

妊娠中の女性、妊活を行う女性、「妊娠」というキーワードに関係のある女性に葉酸サプリをおすすめします。

妊娠をにはさまざまな栄養素をきちんと摂取し、身体のバランスをきちんと整えておくことが大切です。

葉酸、という栄養素について聞いたことはあるでしょうか。

妊娠を考える女性にとって葉酸は非常に重要な栄養素の一つです。

葉酸は人の細胞をつくる際に重要な働きをします。

つまりこれから作られていく赤ちゃんの身体を作っていく上でなくてはならないものなのです。

赤ちゃんの脳や神経は妊娠初期の3カ月までに作られます。

妊娠初期のこのわずかな時間に葉酸が不足していると赤ちゃんの脳や神経をつくる過程がうまくなされず、深刻な障害を引き起こしてしまうこともあり得るのです。

そこでは毎日の食事で葉酸をたくさんとるように気をつければいいのですが、残念ことに葉酸は毎日の食事から十分な量を摂取するのは非常に難しい栄養素と言われています。

葉酸は男女にかかわらず、通常240μgの摂取量を基準量とされていますが妊娠した場合、この2倍の480μgが推奨量とされます。

食物に含まれる葉酸は吸収がされにくく、たとえこの推奨量を含んだ食材をきちんと食べたとしても身体にはそのほんの一部しか吸収されません。

また調理という過程を踏むことでその栄養素の大部分が失われてしまいます。

ですので、毎日食事でこの推奨量を摂取し続けるとなれば、毎日かなりの量の野菜を用意しなければならなくなるだけでなく、毎回その膨大な食材の調理方法や食べ方を考えて、摂取量を計算しなくてはならないとなればかなりの手間がかかります。

これを出産までの数か月間毎日続けることはあなたの身体にかなりの負担とストレスを与えることになるでしょう。

そこで、葉酸サプリをおすすめします。

サプリメントであれば毎日の食事にプラスして1日数粒のむだけで十分な量の葉酸を摂取できますし、持ち運びも便利なので外出先でもきちんと栄養補給ができ、飲み方も手軽なのでストレスなく続けることができます。

インターネットで検索してみると現在ではさまざまな企業から発売されている商品をみることができます。

タブレットタイプのものや粒タイプ、さらにはキャンディータイプのものまでありますので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなものを選ぶことができます。

将来の赤ちゃんのため、まずはあなたがしっかりと栄養を補給し、こころも身体も健康ですごすことが重要なのです。

卵管閉塞 原因

メニュー

クマ

メニュー


Copyright (c) 2014 大学生なら知らないと恥ずかしい妊娠出産の基礎知識 All rights reserved.